Q&A / 注意点

☆Q&A☆
1、痛みはありますか?
痛みはありませんが、栗のイガが肌の上を転がるほどの軽いチクチクとした感触を施術中感じることがあります。
まったく感じない方もいます。
翌日は手のひらで押さえると、少し肌の奥にチクチクとした感覚を感じますが、触らなければ、まったく感じません。痛みはありません。
1日半ほどで自然に消えていきます。
2、しみは消えますか?
5回ほど施術しますと、ほとんどの方がかなり目立たなくすることが出来ています。
全体が白くなるため、途中、かえってしみが目立つように思えるときがありますが、
続けることで、どんどん薄くなります。レーザーと違い、顔全体をいっぺんに美白していくので
顔全体にしみ、そばかすが広がっている方には特におすすめです。
、にきびなどは、発症中でも施術することができますか?アトピーは?
にきびは発症中でも大丈夫です。3,4回でとてもきれいになります。
アトピーは発症中の方は施術は出来ませんが、アトピーの治った後のがさがさした肌をきれいにすることが出来ます。
美容整形手術の痕をきれいにしたり、脂肪吸引手術でたるんだ皮膚のハリを取り戻したりするのにも利用されています。
  
4、次回の施術まで、どのくらい間隔を空けたら良いでしょうか?
 
エスピキューレのフェイシャルは、敏感肌のかたでも出来るように開発されましたプログラムを使っています。
フェイシャルの施術は、肌質にもよりますが、6日以上空ければ可能です。
5,6回なるべく間隔を空けずに施術を受けたあと、月に一回、日常のお手入れとしての定期的な施術をおすすめしています。
 

5、フェイシャルのあと、当日はお化粧が出来ますか?

当日は日焼け止めのみを塗って、お化粧はせずにお帰りいただいています。
スポンジアの吸収は4~7時間続くので、出来ればその日の夜はそのまま寝ていただくことをおすすめします。
スポンジアを塗ったところに、お湯や水がかからないまま7時間ほど過ごしていただくのがベストです。
汗をかくことで吸収しかかっているスポンジアが流れ出てしまうので、お風呂につからず、シャワーだけにしてください。
6、敏感肌やアトピーがあっても出来ますか?
エスピキューレのフェイシャル肌が敏感な方でも可能です。
アトピーの方も不可能ではありませんが、刺激を伴うセラピーのため、痒みを増す可能性があり、それが心配な方には
おすすめしていません。
アトピー痕でしたら、施術可能です。
 
******************
この施術は施術後、手のひらで押すと、ちくちくとした感覚があります。(痛みはないです。)
なので、肩首やボディのトリートメントを受けられるかたは、身体にぴったりした衣服は
避けたほうが、快適です。

顔首のフェイシャルエステを受けられるかたも、なるべくハイネックは避けて、首もとの開いた衣服でいらしてください。

<施術を受けられないかた> 
•現在妊娠している方。
•現在病気治療中の方

•以下の疾患をお持ちの方
  心臓疾患 / 循環器障害 / 免疫疾患 / 甲状腺機能障害 / 癌治療中

•1カ月以内に施術部位にレーザーまたはフォト脱毛を受けられている方

•ケミカルピーリングなどの刺激の強い施術を1ヶ月以内に受けられている。2日以内にカミソリで剃毛している。
《施術後の注意》

•施術後から4時間以上経過すれば、ぬるま湯でさっと流す程度の洗顔なら出来るようになります。
 必ずお買い上げいただくアフターケアセットがあります。(1620円 税込)
 そちらを1週間お使いいただきます。スポンジアを塗った部分は、細胞の新陳代謝がとても速まります。
 7日間はこちらで用意した完全無添加基礎化粧品をお使いいただかないと、その後のお肌のトラブルの原因になることもあります。
 合成保存料、防腐剤、合成界面活性剤の入ったケア用品の使用をやめ、指定のアフターケアセットでお手入れをしてください。
•皮膚科で処方されるハイドロキノン系の化粧品、またレチノール系の化粧品の使用、脱毛は10日間は避ける。

•レーザー、フォトなどの施術は2週間避ける。
•ボディのトリートメントを受けるかたは、帰りは綿の肌触りのよい衣服と、しめつけの少ない下着を用意してください。
•頭皮への施術を受けるかたは、7時間は洗髪をなるべくしないでください。

•フェイシャルを受けたかたは、7時間は洗顔出来ません。どうしても汗をかいたときはぬるま湯でさっと流す程度可能です。
 汗でスポンジアが流れ出てしまうのを避けるため、入浴や激しい運動も控えてください。
•肩首、背中、ヒップなどに施術をした当日の夜は、摩擦やムレを防ぐため、なるべく仰向けで寝るのは避けてください。
肩首、背中、腰を施術した翌日は好転反応により、だるさや重さを感じることがあります。なるべく翌日はゆったりとお過ごしください。